どうやって脱毛するの?脱毛で間違ったムダ毛の処理

MENU

間違ったムダ毛の自己処理

ムダ毛を気にし始めたのは中学生の頃からでした。

 

やっぱり思春期って見た目とか美容とかそういうものに興味が出始める時期ですよね。友達との会話の中や、当時見ていた雑誌の中で出て来るムダ毛処理の情報を目にして、ムダ毛がある事が急に恥ずかしくなってしまったんです。

 

1番気になったのは腕と脇で、自分の母親が1枚刃の安いカミソリで処理をしていたので、真似て処理をするようになりました。でも、元々乾燥肌な上に、とても肌が弱かったのであっという間に赤いブツブツが出てきてしまいました。

 

本当に無知というのは恐ろしいですね。

 

4枚刃とか5枚刃のカミソリがあることも知らなかったし、脱色や脱毛するクリームがあることも知らなかったのです。高校生の頃になると、足は特に赤いブツブツが治ったり再発したりしていたせいで、痕が残ってしまいました。

 

色白な方だったのでムダ毛が余計に痕が目立ち、ほとんど素足にはなれませんでした。最終的には皮膚科に通うことになり、あの頃は友達同士でプールや海なども行けなくて、悲しい思いをしました。

 

また、脇に関してはカミソリではなく、毛抜きで抜いたりしていたので、肌のキメが粗くなってしまい黒ずみも出てきて、本当に後から後悔する事に。。。

 

私のように、軽い気持ちで肌に良くない方法で処理をしてしまうと、後から後悔してしまうことがあります。自宅でのムダ毛処理をする場合には、事前にどんな除毛、脱毛方法があるかリサーチしてから行った方が良いと思いました。